歯医者での歯石除去情報

HOME | SITEMAP

トップ » 歯医者でスケーリング

新着情報

歯医者で行われるスケーリング

歯医者で行われるスケーリングとは、歯磨きでは取り除くことができない歯に沈着した歯石を除去することです。歯科医と歯科衛生士によって行われますが、衛生士が担当するケースが多く見受けられます。沈着状態や部位によってハンドスケーラー、超音波スケーラー、圧縮空気を振動させるエアスケーラーを使い分けて行われます。歯肉縁上の歯石は主にハンドスケーラーを使用し、歯肉縁下には超音波やエアスケーラーを使用します。歯周病を予防するためには、定期的に歯医者でスケーリングを受けることが勧められます。また、初期の歯周病では定期的に行うだけで症状の進行を抑え、改善されていきます。なお、場合によっては知覚過敏が出ることもありますが、回数を分けて分けて行うことで症状は抑えられます。

スケーリングの大事さ

スケーリングとは歯に付着した汚れを落とす施術のことです。おもに、歯石、歯垢(プラーク)を落とします。自分で行う歯磨きでは落としきれないよごれを歯医者に来てケアをするということは非常にだいじなことです。目安としては、半年に一回は行くようにしたほうがいいでしょう。もし汚れをそのまま放置しておくと、虫歯はもちろんのこと、歯茎(歯肉)に炎症がおこり、歯槽膿漏の原因となり最終的には歯が抜けてしまうことがあります。セルフケアには限界がありますのでぜひ歯医者でのケアをおすすめします。痛いという方もいらっしゃいますが歯茎(歯肉)が弱っている方や知覚過敏の方は多少痛みを感じるかもしれません。ですが、おもっているほどは痛くないと思います。いつまでも健康な歯を持ち続けるためにスケーリングをおすすめします。